科学、技術、生物兵器条約

いずれかの生物兵器禁止条約(BWCの)の今後の評価のための準備委員会の最近の会議の周りの議論に密接に耳を傾け場合は、1つは遠いが懸念ランブル聞いたことがあるかもしれません。これらの懸念は、条約のペースを維持することができるようよりも、生命科学の進歩は速い速度で進んでいることは広く認識に由来している。

しかし、条約は、実際にこのような問題に対処するために装備されています。検討会議は、締約国に開催される5年ごとに条約の動作を評価するためのBWCの第十二条の義務"前文の目的のため、条約の規定は...実現されていることを保証することを視野に入れ。"セブンスBWCは検討会議は、今年12月にジュネーブで開催されます。科学界大幅には、第十二条には(強調鉱山)"のレビューは、アカウントに任意の新しい科学技術の発展を条約に関連して講じなければならない"と指定することによって終了します。遠くのゴロゴロは、BWCは、それにもかかわらず"を考慮する"とこのような動きに遅れないように十分にやっていないことに懸念を反映している。

第十二条の最後の規定のBWCの締約国の反応はますます不十分とみられていた。その欲望は、科学技術の条約関連の開発(のS&T)のバックグラウンドペーパーに貢献している過去のレビュー会議、締約国では。残念ながら、これらの論文は評価会議の急いで手続を考慮していないことを受信するように表示されます。スコープと生物学の進歩のペースが懸念されているように、ますますのS&T評価条約のシステムが適切であるかどうか、より重要なの以上となる評価、認識された。

実際、国連事務総長潘基文は"これまでより速く成長生物科学技術の進歩のペースで、開​​発を監視し、評価とその意味を、構造化された通常の方法の差し迫った必要性がある"と、昨年と話した今後の検討会議は、彼は言った、"条約の将来に重大な合意に達するには10年以上の最善の機会を提供しています。"

従ってそれは驚くべきことではないことが最新の準備委員会市民社会への関心の主要なトピックの1つでどのようにBWCの記事のすべての科学の進歩の影響を評価するための優れたメカニズムを構築するために検討会議を使用していた。 BWCのデリゲートの少なくとも3つのPDFセミナーは、直接のS&Tの進歩に対処し、どのように条約が、それらに対処しなければならない、非政府組織でホストされています。

のS&Tの開発もBWCのキーの記事に影響を与える可能性があるため、これらの進歩の影響の効果的な評価が重要です。たとえば、ゲノミクス、ナノテクノロジー、プロテオミクス、および他の分野の進展を考えると、第私はまだ十分な生命科学の誤用の全面禁止をカバーする広いですか?第三条に覆わ輸出管理のシステムでした、バイパスするか、合成生物学の進歩によって回避?第X条で説明したように道はS&Tの進歩が増加し、国際平和協力のための新しい機会を提供する?締約国は、議論し、これらの質問への回答に同意早急にする必要があります。

ハーバード大学サセックスプログラム(HSPは)、BWCは十分に科学の進歩と歩調を合わせているかどうか懸念によるセミナーのPDF指摘したように、何も新しいもの:"見直される方法についてはS&BWCのとの関連性T'を何か'を実行して呼び出している長い歴史を、少なくとも1979年まで遡る。"私は時間が最終的にどのの科学技術の進歩は監視され、評価するためになるように方法を改善するためのBWCに来ていると思いますPDF文書ファイルを"明日の課題に対応ではなく、昨日のだ"とバリーKellman、国際的な武器コントロールセンターのディレクターとして、それを入れている。

PDFファイルのS&Tの評価が行われる方法と、関連する国際協定で使用されるさまざまなモデルがあります。重要な問題は:何が最良のBWCを収まるのだろうか?彼らは、ランダムにフィットは、S&の処理を参照してくださいたとえば、代わりに締約国の背景紙に貢献してレビューが特別なの"S&Tの問題は"再構築の項で特定のトピックについて報告する政府や民間の専門家の年次総会を介して行われる可能性がありますT締約国の年次総会。

学界、産業界から科学者、専門職協会、 - たとえば、近年では、専門家のBWCの年次総会は、これらの会議は、もっと多くのアイデアを、個人市民社会から組み込むように進化してきた、特にとしてS&Tの問題は、議論の素晴らしい仕事をしている。このシステムを開発していますが、論理的な次の一歩前進するように思える、何よりもまず我々は一般的な議論を超えて、条約上のS&Tの開発の具体的な影響に対処する上で取得する必要があります。科学の進歩に追いつくためにBWCの能力について合理的な懸念をAllaying締約国は、今後の検討会議で採用しなければならない課題となっています。

(エディタの注記:紀要の5月/ 6月電子ジャーナル生物兵器禁止条約再検討会議に特別な問題です。)