Month: September 2011

What Contagion missed

What Contagion missed

It’s not often that Hollywood ventures into the realm of epidemics and public health, and when it does, the outcome is usually laughably out of touch with reality — like Outbreak, the 1995 movie about a deadly Ebola-like virus that infected a city. To prevent the virus from spreading, the military decided to bomb the city to oblivion. Fortunately, a cure was discovered just in the nick of time.

原子力のワンツー・パンチを生き延びる:ポスト・フクシマの世界におけるリスクと政策の評価

原子力のワンツー・パンチを生き延びる:ポスト・フクシマの世界におけるリスクと政策の評価

米国の原子力産業は、フクシマ・タイプの事故は米国では起こりそうにないと主張している。米国の原子力発電所で津波の被害に遭いやすいものはほとんどないからだという。しかし、どの原子力発電所も、設計上耐えられることになっている「設計基準事故」より深刻な事象に耐えられると想定することはできない。米国原子力規制委員会(NRC)は、既存および新設の原子力発電所が設計上耐え得るようにすべき事象の範囲を拡げるべきだ。

スリーマイル・アイランド、チェルノブイリ、フクシマ:原子力事故と放射線に関する伝統的メディアと新しいメディアの報道

スリーマイル・アイランド、チェルノブイリ、フクシマ:原子力事故と放射線に関する伝統的メディアと新しいメディアの報道

インターネットのおかげで、新聞・雑誌のジャーナリストは、インターアクティブなコンピューター・グラフィックスやビデオなど、いくつかのツールを使って、フクシマ事故について報じることができた。市民は、ブログやソーシャル・メディアのサイトを使うことができた。これらの要因により、放射線関連報道は、全体的に言って過去の原子力事故より良くなった。だが、テレビ報道は問題だった。

フクシマ:安全神話と地球科学の現実の間のギャップ

福島第一原子力発電所が計画された1960年代に立てられた津波対策は、当時のデータに照らして考えれば、妥当なものであったと辛うじて言えるかもしれない。しかし、その後、新しい知見が大規模な地震と津波の可能性について明確な警告を発した。だが、この情報はほぼ無視された。当局者らは安全神話を広め、これが議論を抑える働きをした。

ゼロ・リスク思考方法からの脱却 フクシマ後の原発国日本のための教訓と将来の責任

ゼロ・リスク思考方法からの脱却 フクシマ後の原発国日本のための教訓と将来の責任

日本原子力委員会委員長代理が福島復旧計画の課題を吟味する。主要な短期的問題としては、損傷を受けた原子炉の安定化や10万トン以上の汚染水の管理などがある。長期的には、当局は、貯蔵プール内にある使用済み燃料、原子炉内の損傷した燃料、破損した原子炉などの問題を処理しなければならない。

原子力か否か?日本のポスト・フクシマのエネルギー政策の複雑で不確かな力学

原子力か否か?日本のポスト・フクシマのエネルギー政策の複雑で不確かな力学

日本の原子力の将来を巡って複雑な闘いが繰り広げられている。そこには、政治、政府内部、産業、労組などが関わっている。フクシマ危機の深刻さにも関わらず、日本がこれまで続けてきた原子力と核燃料サイクルへの歴史的コミットメントには、未だに、強力な支持勢力がある。

A time of catastrophe, a time for education

A time of catastrophe, a time for education

On March 11 — just days after the Bulletin's special issue on the 25th anniversary of the Chernobyl tragedy was published — I sat in my home office in Washington, DC, listening to NPR, my stomach knotting with each passing hour."… At least two nuclear power plants are in trouble, thousands of people have been evacuated from the area near those plants on the coast in Fukushima Prefecture. The situation seems especially bad at one nuclear plant in particular. …"

Free the Fissile Material Cut-off Treaty: Functionality over forum

Free the Fissile Material Cut-off Treaty: Functionality over forum

History repeats itself, the saying goes, first as tragedy and then as farce. This characterization could readily be applied to the international community’s efforts to negotiate a treaty banning the production of fissile material for nuclear weapons. A longstanding objective of the international community, the Fissile Material Cut-off Treaty (FMCT) has, tragically, never been the subject of even preliminary negotiations, as the nuclear powers that allegedly support it avoid taking any effective action on the treaty while, farcically, bemoaning its absence.

Fukushima crisis: Can Japan be at the forefront of an authentic paradigm shift?

Fukushima crisis: Can Japan be at the forefront of an authentic paradigm shift?

The catastrophe now referenced by a single word — Fukushima — is not merely a major natural disaster. The events of 3/11 sent shockwaves through the nuclear industry and governments around the world and constitute the end of a certain economic development model and the industrial risk calculation that underlies it. Giant, centralized electricity production sites that rain kilowatt-hours onto consumers who are constantly increasing their consumption — while accepting risk that can potentially harm millions — are now outdated.